EOS R

昨日キヤノンが新製品、初のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R」を発売開始。

早速、量販店に見に行きました。手に持った感じは、重すぎず軽すぎずソニーやニコンの対抗機種よりいい感じです。今はキャノンの「EOS70D」というカメラを使っているのですが、キャノン・ユーザーですから、他社の製品より手に馴染むのは当たり前かもしれません。

 今使っている「EOS70D」は、仕事にも使わないことはありませんが、旅行や孫が遊びに来たときに撮るなど日常使いがほとんどです。ですから「5D MarkW」など「使ってみたいナ」とも思うのですが、重すぎて厳しいですね。その点、「EOS R」は程よい重さで、70Dの手軽さを持っています。

 ただし、ファインダーを覗くと、やはり電子ファインダーの不自然さは否めません。馴れもあるでしょうが、直接被写体をみる光学ファインダーがしっくりきます。撮るのは日常のスナップ写真が中心というなら「EOS70D」の後継機種「EOS80D」や「6D MarkU」が手頃で良いのではないでしょうか。

 ただ、動画撮影を考えると非常に「EOS R」は魅力的です。今後、HDから4Kに規格が移行していくのは時間の問題でしょうし、4Kに対応しているキャノンの一眼レフカメラというと「5D MarkW」やこの「EOS R」です。そしてファインダーを覗いたまま撮影できるのは今の所「EOS R」のみ。光の反射が気になる日中の撮影では、液晶モニターしか使えないと非常に操作がしにくいものですが、ファインダーを覗いたままでも撮影できるとなれば、使い勝手は格段に違います。仕事の折はレンタルで業務用のカメラを借りますが、バックアップ用に、2台目のカメラとして、「EOS R」があれば心強い存在になります。

 キャノンの一眼レフカメラを使うなら、動画をほとんど撮らないならば「EOS80D」か「6D MarkU」。動画に重きを置くなら「EOS R」かなって考えています。

 

44800677_452710175257561_291693279433457664_n.jpg

 

MediaProducer 藤田智

 

 5万円からの映像制作→詳しくはコチラをクリック

 

安心のパック価格でビデオを制作してみませんか。

「低価格で安心のビデオ制作パッケージ」詳しくはコチラをクリック

「シンプル・コース」 できるだけ低コストでビデオを作りたい
詳しくはコチラをクリック

「基本コース」 低価格にこだわりながら本格的なビデオを作りたい
詳しくはコチラをクリック

「フルサポート・コース」 台本づくりまで任せて質とコスト共に、より満足したい
詳しくはコチラをクリック

 

ビデオ制作の大切なポイントから
マスコミを使ったPR術まで
役立つ情報を配信します。
株式会社いちばんの無料メールマガジンは
↓ ↓ ↓ ↓コチラです↓ ↓ ↓ ↓ 

 

ビデオ制作のお問合せ、お申し込みは、どうぞ 鰍「ちばん までご連絡下さい

TEL: 03-6866-5532
E-mail: info@ichi-ban.co.jp
お待ちしています。

トップ・ページへ

 

他にもコラムにはテーマ別に色々な記事が掲載されています。
【映像・メディア】 【無料でPR】 【お楽しみはこれからだ】 【日々更新】