共感を狙った動画がトレンド

YouTubeなどを利用したインターネット上での

動画広告が可能になったことで

テレビCMのように15秒、30秒という枠にこだわらずに

動画を制作できる時代を迎えています。


 そうした中、機能、効用などを謳いにくい商品やサービスの場合、

例えば健康食品や化粧品、金融商品などですが

「共感」に訴える数分のショートムービーが

多く制作されるようになりました。

例えば30代の女性に向けて





あるあるっていうエピソードで、

ターゲットにしている女性の共感を狙っています。



生理用品もアピールしにくい商品ですが




就職活動をする若い女性に向けて優しく訴求しています。



同じく就活応援の動画を損害保険会社も制作しています。



若い世代に向けて、商品・サービスをと言うより

企業全体のイメージアップを狙った動画になっています。


ハウスメーカーの場合、機能をアピールすることも多いわけですが、

じわっと温かい気持ちにさせて訴求する動画が評判になりました。






「大和ハウス」、上手いですね。

MediaProducer 藤田智

 

 5万円からの映像制作→詳しくはコチラをクリック

 

安心のパック価格でビデオを制作してみませんか。

「低価格で安心のビデオ制作パッケージ」詳しくはコチラをクリック

「シンプル・コース」 できるだけ低コストでビデオを作りたい
詳しくはコチラをクリック

「基本コース」 低価格にこだわりながら本格的なビデオを作りたい
詳しくはコチラをクリック

「フルサポート・コース」 台本づくりまで任せて質とコスト共に、より満足したい
詳しくはコチラをクリック

 

ビデオ制作の大切なポイントから
マスコミを使ったPR術まで
役立つ情報を配信します。
株式会社いちばんの無料メールマガジンは
↓ ↓ ↓ ↓コチラです↓ ↓ ↓ ↓ 

 

ビデオ制作のお問合せ、お申し込みは、どうぞ 鰍「ちばん までご連絡下さい

TEL: 03-6866-5532
E-mail: info@ichi-ban.co.jp
お待ちしています。

トップ・ページへ

 

他にもコラムにはテーマ別に色々な記事が掲載されています。
【映像・メディア】 【無料でPR】 【お楽しみはこれからだ】 【日々更新】