HDか、4Kか

家電量販店へ行くと、テレビコーナーは「4Kテレビ」が販売の中核となっていて、

4Kのテレビ放送は始まっていないにも関わらず

販売店は4K全盛時代を迎えています。


では、企業や団体が自分たちのために動画を制作する場合

フルハイビジョンにすべきか、4Kにすべきか。

今回はこの問題を考えてみたいと思います。


時代は間違いなく4K、ひょっとすると4K経由で

アッという間に8Kへ向かうかもしれません。


その理由のひとつはメーカー側にあると言って良いでしょう。

フルハイビジョンのテレビは価格が暴落し利益が見込めない為

買い替えてもらう新商品が必要なのです。


また総務省もBSやCSでの4K規格の本格放送を

2020年の東京五輪を目標に進めています。


ところで、そもそも4Kってなんでしょう?

現在主流のフルハイビジョンテレビの画素数は、

横(水平画素)1920×縦(垂直画素)1080、縦横合計で207万3600。

一方4Kテレビは、横3840×縦2160で合計829万4400。

フルハイビジョンの4倍の画素数となります。

1000は1K(キロ)という単位で表されるため、

横(水平画素)3840(約4000)ですから、4Kテレビと呼ばれるのです。


さて、本題の「フルハイビジョンにすべきか、4Kにすべきか」

ということですが、結果から言えば、ケースバイケースと言えるでしょう。


では、どのような場合はハイビジョンが良くて

どのような場合、4Kが良いか考えてみましょう。


まず、パソコンや家庭で使う程度のモニターで

4K画質がわかるのかという問題があります。

並べて比べれば分かりますが、

正直、単体で見ればフルハイビジョンでも十分美しいと言えるでしょう。


アナログからデジタルに移行したときのような違いは

普通の人には感じられないと思います。


つまり展示会などで、それも大型ビジョンを使用するならば

4Kの長所が発揮できると思いますが

通常の大きさのモニターでは違いをほとんど感じないでしょう。


またデータが大きすぎて扱いづらいという問題もあります。

パソコンで再生が快適にできるかパソコンのスペックが問われます。


制作費も、機材も違えば手間も変わるので4Kは割高になります。


時代の変化が激しい今、動画の賞味期限も短くなってきました。

できるだけ廉価に、手軽に利用するような動画は

フルハイビジョンで良いと思います。


一方、大型ビジョンでみせるような映像や

長期に渡って使用する予定の映像は4Kで制作をする。

そんな判断になるかと思います。


ただ4Kテレビにはアップスケーリングという

解像度変換機能が内蔵されていて、

フルハイビジョン映像も画面いっぱいに引き伸ばして

映し出すことができるようになっているため

ある意味、ますます違いが実感できないかも知れません。


これから、4Kの放送が始まり、4Kのモニターやデッキが普及し

パソコンのスペックが向上してくると

今は「フルハイビジョン」がベースになっている映像業界も

4Kがベースになるでしょうし、その日も近いと予想されます。

4Kが当り前の時代も間近かも知れません。

2017年10月31日

MediaProducer 藤田智

 

 5万円からの映像制作→詳しくはコチラをクリック

 

安心のパック価格でビデオを制作してみませんか。

「低価格で安心のビデオ制作パッケージ」詳しくはコチラをクリック

「シンプル・コース」 できるだけ低コストでビデオを作りたい
詳しくはコチラをクリック

「基本コース」 低価格にこだわりながら本格的なビデオを作りたい
詳しくはコチラをクリック

「フルサポート・コース」 台本づくりまで任せて質とコスト共に、より満足したい
詳しくはコチラをクリック

 

ビデオ制作の大切なポイントから
マスコミを使ったPR術まで
役立つ情報を配信します。
株式会社いちばんの無料メールマガジンは
↓ ↓ ↓ ↓コチラです↓ ↓ ↓ ↓ 

 

ビデオ制作のお問合せ、お申し込みは、どうぞ 鰍「ちばん までご連絡下さい

TEL: 03-6866-5532
E-mail: info@ichi-ban.co.jp
お待ちしています。

トップ・ページへ

 

他にもコラムにはテーマ別に色々な記事が掲載されています。
【映像・メディア】 【儲けのヒント】 【お楽しみはこれからだ】 【日々更新】