今日の予定まとめ

2016年11月2日

11月2日は「タイツの日」です。

タイツの製造は、片足ずつ編んだ物を1つに縫製しており、その様子が「11」に見えることと、2つでペアであることから、株式会社エムアンドエムソックスが2009年に制定しました。


民間団体などが中台協力を話し合う「両岸平和発展フォーラム」が北京にて開かれ、台湾の野党・国民党の洪秀柱主席が出席します。


日中両国の大手企業の経営者らが集う「日中CEO(最高経営責任者)サミット」が昨日から、北京で始まり、2日目、最終日を迎えます。経団連が主導し、外交関係悪化に左右されない企業トップ同士の交流を目指します。中国で開くのは初めてです。日中CEOサミットは福田康夫元首相が呼び掛けで、昨年11月に東京で初会合を開きました。


来日中のミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が、今年3月の民主政権発足後、事実上の最高指導者となって初めての日本訪問で、安倍晋三首相、3日には岸田文雄外相と会談をします。日本側は、経済協力の拡大などを通じて関係強化を図る考えです。


ロシア経済分野協力担当を兼ねる世耕弘成経済産業相が6日までモスクワを訪問。ウリュカエフ経済発展相ら関係閣僚と経済協力プランを協議し、平和条約締結交渉の環境を整える狙いです。


政府は、北海道東部の北方領土を臨む地域の観光振興を通じて、領土問題に対する国民の関心を高めたいとして、関係府省庁や地元の自治体をメンバーとする会議を設置します。


政府は「秋の褒章」の受章者を発表し、作家の伊集院静さんやリオ五輪の金メダリスト16人など、772人・20団体が選ばれました。


稲田朋美防衛相、三沢基地を視察、日英共同訓練記念式典に参列します。航空自衛隊は現在、英空軍と「戦術技量の向上」を目指して「ガーディアン・ノース16」という共同訓練を実施。空自が国内で米空軍以外と共同訓練を行うのは初めてです。


現在運用されている気象衛星「ひまわり8号」のバックアップとなる「ひまわり9号」が、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられます。


東京五輪・パラリンピックフラッグツアーイベントが福島県庁前広場で開かれます。

(公式ホームページ)http://flagtour.jp/


世界各国から「子どもたちに見せたい映画」を集めて上映する子ども映画祭「キネコ国際映画祭2016」が、6日まで二子玉川で開催されます。

(公式ホームページ)http://www.kinder.co.jp/


経済同友会の小林喜光代表幹事が、日本工業倶楽部で会見します。


日銀は、10月のマネタリーベース(資金供給量=市中に出回る現金と金融機関が日銀に預ける当座預金を合計)を発表します。

(日銀ホームページ)

https://www.boj.or.jp/statistics/boj/other/mb/index.htm/


10月の消費動向調査が内閣府から公表されます。

(公式ホームページ)

http://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/shouhi/menu_shouhi.html


石油製品価格調査が資源エネルギー庁から公表されます。

(公式ホームページ)

http://www.enecho.meti.go.jp/statistics/petroleum_and_lpgas/pl007/

米連邦準備制度理事会(FRB)が、最終日を迎えた米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明を発表します。

(参考まで)http://fx.minkabu.jp/indicators/01001

弁護士グループによる参院選「1票の格差」東京訴訟判決が東京高裁にて言い渡されます。


北海道住民による参院選「1票の格差」訴訟判決が札幌高裁にて言い渡されます。


愛知県犬山市で女性飲食店員を殺害し、冷凍庫に入れ福井県の九頭竜湖に遺棄し、交際相手の女性も窒息死させたとして、殺人や傷害致死などの罪に問われ、死刑を求刑された林圭二被告(43)の裁判員裁判の判決が名古屋地裁にて言い渡されます。


埼玉県朝霞市の少女(15)が2年ぶりに保護された誘拐事件で、未成年者誘拐と監禁致傷、窃盗の罪に問われた大学生、寺内樺風被告(24)の第2回公判がさいたま地裁で開かれます。


「今日の予定まとめ」のバックナンバーは

コチラ→ http://www.ichi-ban.co.jp/category/1167261.html

 

 5万円からの映像制作→詳しくはコチラをクリック

 

安心のパック価格でビデオを制作してみませんか。
「低価格で安心のビデオ制作パッケージ」は24万8千円(税込260,400円)から
詳しくはコチラをクリック

「シンプル・コース」 できるだけ低コストでビデオを作りたい
ビデオ制作パック料金 24万8千円(税込260,400円) 詳しくはコチラをクリック

「基本コース」 低価格にこだわりながら本格的なビデオを作りたい
ビデオ制作パック料金 29万8千円(税込312,900円) 詳しくはコチラをクリック

「フルサポート・コース」 台本づくりまで任せて質とコスト共に、より満足したい
ビデオ制作パック料金 39万8千円(税込417,900円) 詳しくはコチラをクリック

 

ビデオ制作の大切なポイントから
マスコミを使ったPR術まで
役立つ情報を配信します。
株式会社いちばんの無料メールマガジンは
↓ ↓ ↓ ↓コチラです↓ ↓ ↓ ↓ 

 

ビデオ制作のお問合せ、お申し込みは、どうぞ 鰍「ちばん までご連絡下さい

TEL: 03-6866-5532
E-mail: 
info@ichi-ban.co.jp
お待ちしています。

トップ・ページへ

 

他にもコラムにはテーマ別に色々な記事が掲載されています。
【映像・メディア】 【儲けのヒント】 【お楽しみはこれからだ】 【日々更新】