今日の予定まとめ

2016年10月26日

10月26日は「柿の日」です。

1895(明治28)年10月26日、俳人・正岡子規が「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」の句を詠んだことから、全国果樹研究連合会が2005年に制定しました。


ブリュッセルで北大西洋条約機構(NATO)国防相理事会が開かれます。

(NATOについて)http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/nato/gaiyo.html

トニー・ブリンケン米国務副長官が日本と韓国、中国を相次いで訪問、北核対応などを協議します。副長官は、26〜27日の二日間、東京で開かれる第5回日米韓外交次官協議会へ、イム・ソンナム外交部1次官、杉山晋輔外務省事務次官と共に出席。北朝鮮の核、弾道ミサイル挑発への対応など包括的な協議を行います。続いて韓国を訪問。北朝鮮問題をめぐり意見交換をします。その後、29日に中国・北京で中国外交部の張業遂(ちょう・ぎょうすい)常務副部長と第3回戦略安保対話の中間点検会議を行います。


ヒラリー・クリントン氏が69歳の誕生日を迎えます。ちなみにドナルド・トランプ氏は70歳です。


ヨルダンのアブドラ国王が来日します。

(首相官邸ホームページ)

http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201610/11_a.html

(外務省報道発表)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_003796.html


フィリピンのドゥテルテ大統領と安倍晋三首相が都内で首脳会談を行います。中国が軍事拠点化を進める南シナ海問題について「法の支配」の重要性を確認し、アジア太平洋地域の平和と安定に、アメリカの関与は欠かせないと理解を促す方針です。ドゥテルテ大統領には財務相や貿易相ら経済閣僚のほか、民間企業関係者ら約200人が同行。年平均6%の高い経済成長を果たすフィリピンは、日本からの投資や支援を通じ、更なる成長を図りたい考えです。

(外務省報道発表)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_003795.html


日比首脳の調印式、文書交換式、共同記者発表が首相官邸で行われます。


首相主催の比ドゥテルテ大統領との夕食会が首相官邸で行われます。


衆院環太平洋連携協定(TPP)特別委員会が北海道札幌市と宮崎県高千穂町で地方公聴会を開きます。


社会保障審議会医療保険部会がグランドアーク半蔵門華の間で開かれます。

(厚生労働省ホームページ)

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-hosho.html?tid=126706


石油製品価格調査が資源エネルギー庁から公表されます。

(公式ホームページ)

http://www.enecho.meti.go.jp/statistics/petroleum_and_lpgas/pl007/


9月の企業向けサービス価格指数が日銀から公表されます。

(公式ホームページ)http://www.boj.or.jp/statistics/pi/cspi_release/


鳥取・島根選挙区住民の参院選「1票の格差」訴訟判決が広島高裁松江支部で言い渡されます。


カレーチェーン「CoCo壱番屋」を展開する壱番屋(愛知県一宮市)が廃棄した冷凍ビーフカツが横流しされた事件で、詐欺罪に問われた卸売会社元社員木村正敏被告の初公判が名古屋地裁で開かれます。


東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校の児童23人の遺族が県と市に計23億円の損害賠償を求めた訴訟が、仙台地裁で判決を迎えます。


加藤桃子女流王座に里見香奈女流四冠が挑戦する将棋の第6期リコー杯女流王座戦五番勝負の第1局が広島市のシェラトングランドホテル広島で指されます。対局の模様は「リコー杯女流王座戦中継サイト」でライブ中継されます。

(ライブ中継)http://live.shogi.or.jp/joryu_ouza/


プロ野球=日本シリーズ第4戦「日本ハム×広島」が札幌ドームで行われます。

(公式ホームページ)http://npb.jp/nippons/2016/index.html


空手が2020年東京五輪の追加種目に決まって初めての世界選手権が、オーストリアのリンツで開幕します。

(全日本空手道連盟ホームページ)http://www.jkf.ne.jp/


第34回全国都道府県対抗アマチュアゴルフ選手権が明日まで、岐阜県関市の岐阜関CC(7270ヤード、パー72)で行われます。

(ホームページ)http://www.gifu-np.co.jp/jigyo/gifugolf/


「今日の予定まとめ」のバックナンバー

はコチラ→ http://www.ichi-ban.co.jp/category/1167261.html

 

 

 5万円からの映像制作→詳しくはコチラをクリック

 

安心のパック価格でビデオを制作してみませんか。
「低価格で安心のビデオ制作パッケージ」は24万8千円(税込260,400円)から
詳しくはコチラをクリック

「シンプル・コース」 できるだけ低コストでビデオを作りたい
ビデオ制作パック料金 24万8千円(税込260,400円) 詳しくはコチラをクリック

「基本コース」 低価格にこだわりながら本格的なビデオを作りたい
ビデオ制作パック料金 29万8千円(税込312,900円) 詳しくはコチラをクリック

「フルサポート・コース」 台本づくりまで任せて質とコスト共に、より満足したい
ビデオ制作パック料金 39万8千円(税込417,900円) 詳しくはコチラをクリック

 

ビデオ制作の大切なポイントから
マスコミを使ったPR術まで
役立つ情報を配信します。
株式会社いちばんの無料メールマガジンは
↓ ↓ ↓ ↓コチラです↓ ↓ ↓ ↓ 

 

ビデオ制作のお問合せ、お申し込みは、どうぞ 鰍「ちばん までご連絡下さい

TEL: 03-6866-5532
E-mail: 
info@ichi-ban.co.jp
お待ちしています。

トップ・ページへ

 

他にもコラムにはテーマ別に色々な記事が掲載されています。
【映像・メディア】 【儲けのヒント】 【お楽しみはこれからだ】 【日々更新】