今日の予定まとめ

2016年10月2日

10月2日はとう(10)ふ(2)の語呂合せで豆腐の日。そして望遠鏡の日です。

1608年10月2日、オランダの眼鏡技師リッペルハイが望遠鏡を発明、特許を申請しましたが原理が単純で誰でも作れそうだと受理されませんでした。


安倍晋三首相が、京都市内で開幕する「科学技術と人類の未来に関する国際会議(STSフォーラム)」であいさつをします。この国際会議には、世界各国から学者、政治家、社会活動家、企業家などが集まります。


イギリス保守党大会が5日まで行われ、EU単一市場残留議論の行方が注目されます。


ハンガリーで難民受け入れの是非を問う国民投票が行われます。欧州連合(EU)は、難民流入問題を受け、加盟国ごとに難民受け入れ枠を割り当てようとしています。しかし、今回の国民投票は、個別の課題を、加盟国が国民投票をしても覆せないにも関わらず、「受け入れ分担を認めるかどうか」問うもので、EU離脱をチラつかせて揺さぶるだけなのか、結果、EU離脱に向かうのか、ハンガリー政府の今後の動向が気になります。


コロンビアで政府と左翼ゲリラ組織コロンビア革命軍(FARC)との和平合意の是非を問う国民投票が行われます。世界が熱く支持する和平合意に対して、コロンビア国民がどのような結論を出すのか。世論調査では和平合意賛成派が優位と言いますが、イギリスの国民投票の結果を知る今、世論調査と実際の結果が一致するとは誰も信じていないでしょう。


インドが地球温暖化対策の新枠組み「パリ協定」を批准します。


アメリカ大リーグのレギュラーシーズンが終了します。


北海道十勝管内池田町で「第43回秋のワイン祭り」が開かれます。十勝ワインと牛肉の食べ飲み放題が名物の人気イベントですが、今年は連続台風で交通網が寸断され、チケットの売れ行きが悪かったとか。運休中の特急に代わる帯広発池田行き臨時列車(2両)の運行が決定しています。

(公式ホームページ)http://www.kankou-ikeda.com/winefes_43rd/

静岡県磐田市の白山神社で、昔、疫病の退散を願って白酒(しろざけ)を献上し、氏子が白山神社境内に集って白酒を飲み交わして病気を退散させたことから始まった「どぶろく祭」が行われます。境内に集まった参拝者に投餅を行うほか、供えられたどぶろくや甘酒がふるまわれます。

(ホームページ)http://kanko-iwata.jp/tanoshimu/tanoshimu-774/

いろいろ騒ぎもありましたが、歌舞伎俳優・中村橋之助の八代目中村芝翫襲名披露興行がスタートします。

(ホームページ)http://www.kabuki-bito.jp/news/1068

【注目の話題】

国民投票について

今日はハンガリーとコロンビアで、国の行く末を左右する国民投票が行われます。イギリスで行われた国民投票が、大方の予想を裏切った結果に終わったことは皆さんご存知のとおりです。イギリスのEU離脱がどのような影響を及ぼすかは、まだ見通しも立たない様子ですが、これからも様々な国で、様々な事柄について国民投票を利用して決める流れは変わらないように思います。国の政府には国民の利益を未来にわたって最大にする役割があると思います。例えばイギリス。EU残留にはメリットもデメリットもあるでしょうから賛成派、反対派が生まれるのは仕方ありません。しかし政府は残留にメリットが大きいと判断しました。ところが国民投票を行ってしまった。これは反対派を説得する力が無い。説得する役割を放棄したとも思える行為です。政府はあくまでもメリットを最大にするため努力すべきですし、国民投票に逃げるのはいかがなものかと思うのです。国民の大半が同意できる。その上、重大な決断である事柄を国民が決めたという歴史を残したいというのでなければ、国民投票を行うのは安易に思います。難民受け入れに賛同できる人がどれだけいるでしょうか。左翼ゲリラ組織を許せる人がどれだけいるでしょうか。しかし、国の、国民の未来を考えた時、賛同も許しも必要なのかも知れません。国民投票の権利よりも、問題の解決を託せる政府を作り支える努力こそ人々には求められているのではないでしょうか。

 

 5万円からの映像制作→詳しくはコチラをクリック

 

安心のパック価格でビデオを制作してみませんか。
「低価格で安心のビデオ制作パッケージ」は24万8千円(税込260,400円)から
詳しくはコチラをクリック

「シンプル・コース」 できるだけ低コストでビデオを作りたい
ビデオ制作パック料金 24万8千円(税込260,400円) 詳しくはコチラをクリック

「基本コース」 低価格にこだわりながら本格的なビデオを作りたい
ビデオ制作パック料金 29万8千円(税込312,900円) 詳しくはコチラをクリック

「フルサポート・コース」 台本づくりまで任せて質とコスト共に、より満足したい
ビデオ制作パック料金 39万8千円(税込417,900円) 詳しくはコチラをクリック

 

ビデオ制作の大切なポイントから
マスコミを使ったPR術まで
役立つ情報を配信します。
株式会社いちばんの無料メールマガジンは
↓ ↓ ↓ ↓コチラです↓ ↓ ↓ ↓ 

 

ビデオ制作のお問合せ、お申し込みは、どうぞ 鰍「ちばん までご連絡下さい

TEL: 03-6866-5532
E-mail: 
info@ichi-ban.co.jp
お待ちしています。

トップ・ページへ

 

他にもコラムにはテーマ別に色々な記事が掲載されています。
【映像・メディア】 【儲けのヒント】 【お楽しみはこれからだ】 【日々更新】