参院選を戦う安倍政権にとって、英国のEU離脱は追い風?

2016年6月25日

昨日は予想に反した英国のEU離脱に世界は驚かされました。

事前の世論調査では「僅差であるものの残留派がリード」と報道されていたと思います。マスコミもマーケットも世論調査の結果=国民投票の結果と思い込んでしまいました。「EU離脱か残留かを国民投票で決めようとしても、結局イギリスの国民は残留を選ぶ」と投票前に結論付けることは誰もできるわけ無いのに。勿論、報道を見ていた私たち、一般の人々も。


 現地からの中継では突然、意外にあっさり「離脱が決定的になりました」とリポートされ、あっさり加減というか、「突然、決定的になっちゃうの?」ということにも驚かされました。ただ、私は「結局はEUは崩壊する」と思っていましたし、今もそう思っています。EUの理念がいかに崇高でも、文化も歴史も暮らしも民族も違う国々が集まって、同じ仕組み、意思決定を共有するのは、結局難しいのでは?そこに域外から文化も歴史も更に異にする民族が流入してきては、EUという枠組みの弱体化が加速するのは仕方ないように思います。


 日本でも、格差が問題になっています。同じ国に生まれても、恵まれている人、恵まれない人が生まれるのは、ある程度仕方ないと誰でも思っているでしょう。しかし余りに格差が広がれば、国が悪い!政治が悪い!という結論に向かうのは、どこの国、国民でも同じだと思います。それを暮らしの質も内容も異なる国民であるのに、国のような強制力の強い枠組みに入れられては、その枠組のメリットを感じられる人が多数でない限り、枠組みが壊れてしまうのは致し方ないと思うのです。「何で英国に生まれてしまったんだ!」と思った英国人も、生まれてしまったものは仕方ないと受け入れていると思います(スコットランドの独立問題などは今は別問題としましょう)。しかし「何でEUに生まれてしまったんだ!」という疑問を抱いてしまったら、「英国がEUじゃなくなれば良いのでは?」と思うのも自然の成り行きかと思います。EUのメリットを感じない人々は。


 EUのような枠組みで、日本、韓国、中国、、、一緒にやれると思いますか?では親日的と言われるタイやインドネシアなどなど東南アジアの国々とでは?結局、どこの国の人も、EUのような枠組みは無理!と思うのではないでしょうか。勿論、お互いにメリットを感じやすい緩やかな枠組みは別として、ASEANのような取り組みとEUの理念は全く違うのだと思うのです。


 さて、伊勢志摩サミットで「経済状況リーマン級の危機」と各国に説明した安倍首相でしたが、マスコミは冷ややかな目で報道しました。でも安倍首相、昨日は「それ見たことか!英国のEU離脱でリーマン級以上の経済危機だ。俺の見方は正しかった!」と思ったのではないでしょうか。経済状況の見方についてはクエッションマークでも、結論の「リーマン級の危機」は、今のところその方向へ向かってしまったので、安倍首相の逆転勝利となりそうです。


 アベノミクスの是非は問いにくい状況になりました。野党がいくら「アベノミクスの失敗」を声高に叫んでも、「EU離脱による経済危機をいかに脱するか」を説く与党に対抗できるでしょうか。野党は争点自体を経済政策ではなく憲法改正など他の問題に変えたいのでしょうが、それも世界中で経済危機が一番の課題になってしまった今は、難しくなりました。参院選の勝敗の行方は、昨日決定づけられたのかも知れません。「舛添問題も、これで吹っ飛んだ!」ホッとした与党幹部も多かったかも知れません。しかし日本にとって、英国のEU離脱でやっかいな問題が増えたことに変わりはないのですが。

 

 5万円からの映像制作→詳しくはコチラをクリック

 

安心のパック価格でビデオを制作してみませんか。
「低価格で安心のビデオ制作パッケージ」は24万8千円(税込260,400円)から
詳しくはコチラをクリック

「シンプル・コース」 できるだけ低コストでビデオを作りたい
ビデオ制作パック料金 24万8千円(税込260,400円) 詳しくはコチラをクリック

「基本コース」 低価格にこだわりながら本格的なビデオを作りたい
ビデオ制作パック料金 29万8千円(税込312,900円) 詳しくはコチラをクリック

「フルサポート・コース」 台本づくりまで任せて質とコスト共に、より満足したい
ビデオ制作パック料金 39万8千円(税込417,900円) 詳しくはコチラをクリック

 

ビデオ制作の大切なポイントから
マスコミを使ったPR術まで
役立つ情報を配信します。
株式会社いちばんの無料メールマガジンは
↓ ↓ ↓ ↓コチラです↓ ↓ ↓ ↓ 

 

ビデオ制作のお問合せ、お申し込みは、どうぞ 鰍「ちばん までご連絡下さい

TEL: 03-6866-5532
E-mail: info@ichi-ban.co.jp
お待ちしています。

トップ・ページへ

 

他にもコラムにはテーマ別に色々な記事が掲載されています。
【映像・メディア】 【儲けのヒント】 【お楽しみはこれからだ】 【日々更新】