[動画撮影のポイント] 屋内は光に注意

 屋内は光に注意したいものです。

屋外で撮影するときに比べると、暗いのは仕方ありませんが、

最近のビデオカメラは性能が格段に向上しています。

下手に撮影用のライトを照らして影をきつくするよりも、

できれば部屋の電灯や外光を生かして撮影したほうが良いでしょう。


 部屋に外光が入ってくる場合、電灯の明かりと外光がミックスされます。

強い光が外から入ってくることになりますから

被写体の位置や向きには特に気を使いたいものです。


 撮影用のライトを使わず撮影することで良いことは

自然な雰囲気を生かして撮影できることです。

ライティングで自然に見せることはプロの手を借りないと難しいもの。

その上、人を写す場合、ライトが照らされると緊張してしまうこともしばしば。

できるだけリラックスした雰囲気で撮影を進めるのが

好ましいのは言うまでもありません。


 基本的には逆光にならないように、しかし光源を完全に背にしますと

撮影している自分の影が画面に入り込んでしまいますから、

そうしたことにも気を使いながら被写体との上手な位置関係を探さなければなりません。

 

 部屋に夕陽が差し込んでいる場合、光の色や角度から屋内でも夕陽だと判ります。

その雰囲気を生かせると良い映像が撮れると思います。

一方、夕方と見せたくない場合、カーテンで遮ったり、

外光の影響が無い場所を探すなどしなければなりません。

MediaProducer 藤田智

 

 5万円からの映像制作→詳しくはコチラをクリック

 

安心のパック価格でビデオを制作してみませんか。

「低価格で安心のビデオ制作パッケージ」詳しくはコチラをクリック

「シンプル・コース」 できるだけ低コストでビデオを作りたい
詳しくはコチラをクリック

「基本コース」 低価格にこだわりながら本格的なビデオを作りたい
詳しくはコチラをクリック

「フルサポート・コース」 台本づくりまで任せて質とコスト共に、より満足したい
詳しくはコチラをクリック

 

ビデオ制作の大切なポイントから
マスコミを使ったPR術まで
役立つ情報を配信します。
株式会社いちばんの無料メールマガジンは
↓ ↓ ↓ ↓コチラです↓ ↓ ↓ ↓ 

 

ビデオ制作のお問合せ、お申し込みは、どうぞ 鰍「ちばん までご連絡下さい

TEL: 03-6866-5532
E-mail: info@ichi-ban.co.jp
お待ちしています。

トップ・ページへ

 

他にもコラムにはテーマ別に色々な記事が掲載されています。
【映像・メディア】 【儲けのヒント】 【お楽しみはこれからだ】 【日々更新】