人気シリーズ「スパイダーマン」の新作は?

10年1月12日

 サム・ライミ監督、トビー・マグワイア主演の人気シリーズ「スパイダーマン」は、 

3部作で完結となり、新作は新たな監督、キャストを迎え続けるそうです。
監督、キャストを一新して、すぐさま同じシリーズを作るというのは、
余り例が無いのではないでしょうか。
新作に違和感を覚えるか。それとも、新たな魅力を発見できるか。
2012年の公開が待たれます。

 もし、「男はつらいよ」の主演が、渥美清でなくなったら。
「釣りバカ日誌」の主演が、西田敏行でなくなったら。
「インディ・ジョーンズ」の主演が、ハリソン・フォードでなくなったら。
かなり辛いものというよりも、無理があるかなと思います。
それほど、主人公と実際の俳優が渾然一体になることで
魅力を放っていたと言えるでしょう。

 また、監督にしても「男はつらいよ」と言えば山田洋次。
「釣りバカ日誌」は栗山富夫か朝原雄三。
「インディ・ジョーンズ」ならスピルバーグ。
というように同じ監督が作るからこそ、
観客が期待するシリーズ共通の虚構の世界を見せることができたと言えそうです。
しかし、007シリーズやバットマンのように、度々監督やキャストを変え、
新しい魅力を探ってきたシリーズもあります。
それを考えると一概に、良い悪いは言えないでしょう。

 報道によるとサム・ライミ監督が、自らのビジョンを反映した「スパイダーマン4」は
作れないと判断したため、新たな監督、キャストを迎えることなったようで、
トラブルが起きたとまでは言えないようです。

 スパイダーマンの新シリーズ。監督候補の名前が次々に明らかになってきたようで、
ジェームズ・キャメロンやデビッド・フィンチャーのような大御所の名前も
挙がっているようです。ただ最有力候補は、「(500)日のサマー」のマーク・ウェブ監督。
数々のミュージック・クリップを手掛け、「(500)日のサマー」で劇場長編監督デビューの
新鋭です。まあ、この辺りがなんとなくリアルな話かなって感じもしますが、
どうなることでしょうか。


安心のパック価格でビデオを制作してみませんか。
「低価格で安心のビデオ制作パッケージ」は24万8千円(税込260,400円)から
詳しくはコチラをクリック

「シンプル・コース」 できるだけ低コストでビデオを作りたい
ビデオ制作パック料金 24万8千円(税込260,400円) 詳しくはコチラをクリック

「基本コース」 低価格にこだわりながら本格的なビデオを作りたい
ビデオ制作パック料金 29万8千円(税込312,900円) 詳しくはコチラをクリック

「フルサポート・コース」 台本づくりまで任せて質とコスト共に、より満足したい
ビデオ制作パック料金 39万8千円(税込417,900円) 詳しくはコチラをクリック

ビデオ制作のお問合せ、お申し込みは、どうぞ 鰍「ちばん までご連絡下さい
TEL: 03-3746-3866
E-mail:
info@ichi-ban.co.jp
お待ちしています。

トップ・ページへ

 

他にもコラムにはテーマ別に色々な記事が掲載されています。
【映像・メディア】 【儲けのヒント】 【お楽しみはこれからだ】 【日々更新】