映画「スラムドッグ$ミリオネア」

09年5月28日

 熱気というか、熱狂というか、バイタリティのようなものが、

画面からも音響面でも、溢れんばかりに湧き続けている映画でした。

 六本木ヒルズのTOHOシネマズで観たので
音響も更に増幅されていたかも知れません。
正直言って、うるさいと思う程です。
映像は主人公の子ども達と共に疾走を続け、
過酷な状況から、さらに過酷な状況へと
ノンストップで転がり続けます。
正に映画らしい映画。映画ならではの表現が満載の作品と思います。

 物語はドラマチックと言えば、勿論ドラマチックなのですが
かなり悲惨なもので、インドって一体どういう国?
という思いを誰しもが抱いてしまいそうです。

 それを救っているのは主人公の子ども達。
実際にスラムで暮らす子ども達から選ばれたそうで、
彼らの明るさ、たくましさが、
暗い状況を吹き飛ばすほどの魅力になっています。
映画がヒットした後、主人公の父親が、アラブ人富豪に扮する記者に
20万ポンド(約2900万円)で養子縁組を持ちかけたと言う話が
後日出てくるなど、映画とシンクロするようなニュースも話題となりました。


 このところの映画で気になるのは、
荒唐無稽な物語、例えば、今からの公開作だと
「スター・トレック」「ターミネーター4」「トランスフォーマー/リベンジ」などなど
楽しいと言えば楽しいのですが、たわいないと言えばたわいなく、
そうでなければ「お買いもの中毒な私!」や
ちょっと前の映画なら「セックス・アンド・ザ・シティ」のような
考えてみれば、もうどうでも良いような話ばかりなこと。
(でも、「セックス・アンド・ザ・シティ」なんか、結構面白かったですが、、、)

 どうしても社会が豊かになればなるほど、
心を揺さぶるような物語を生み出していくのは
難しいのかも知れません。

 わざわざインドのスラム地区を舞台にして
イギリスのダニー・ボイル監督が映画を作ったのも
イギリスやアメリカを舞台にしたのでは
生み出しにくい絶望や希望、熱気の溢れる物語を
求めたからではないでしょうか。

 

 


安心のパック価格でビデオを制作してみませんか。
「低価格で安心のビデオ制作パッケージ」は24万8千円(税込260,400円)から
詳しくはコチラをクリック

「シンプル・コース」 できるだけ低コストでビデオを作りたい
ビデオ制作パック料金 24万8千円(税込260,400円) 詳しくはコチラをクリック

「基本コース」 低価格にこだわりながら本格的なビデオを作りたい
ビデオ制作パック料金 29万8千円(税込312,900円) 詳しくはコチラをクリック

「フルサポート・コース」 台本づくりまで任せて質とコスト共に、より満足したい
ビデオ制作パック料金 39万8千円(税込417,900円) 詳しくはコチラをクリック

ビデオ制作のお問合せ、お申し込みは、どうぞ 鰍「ちばん までご連絡下さい
TEL: 03-3746-3866
E-mail:
info@ichi-ban.co.jp
お待ちしています。

トップ・ページへ

 

他にもコラムにはテーマ別に色々な記事が掲載されています。
【映像・メディア】 【儲けのヒント】 【お楽しみはこれからだ】 【日々更新】