映画「チェイサー」

09年5月13日

 5月、ゴールデン・ウィークに公開している映画で、

何を一番に薦めるかと問われれば、「レッドクリフ PartU」や
「スラムドッグ$ミリオネア」、「グラン・トリノ」を押しのけて、
この韓国映画を一番に薦めます。
勿論、今、名前を挙げた作品も、それぞれ魅力的な映画です。
ただ「チェイサー」には、奇をてらってはいないけれど、
何か新しさを感じる。
単にパワフルな映像というよりも、
じっとりとした力強さに惹きつけられたと言うのでしょうか、
固有の魅力を感じます。
この新鋭監督、ナ・ホンジンの次作が待ち遠しいのは勿論です。

 ストーリーは実際に韓国で起きた連続猟奇殺人を
ヒントにしたもので、かなりきつい物語です。
残虐な場面がズバリと出てくるわけではありませんが、
迫ってくるリアリティが凄まじいため、
まるで事件を目撃しているような印象を受けます。

 主人公を正義のヒーローではなく、
警官からドロップアウトしたデリヘルの経営者としたところも
斬新さの一つかも知れません。
これも実際の事件をヒントにしているようですが。

 正義の行使の先にではなく、
逃げたと思ったデリヘル嬢を探し続ける中、
見えてきた事実は?という展開も
リアリティを高めた要素の一つに思います。

 主人公を追い続けるカメラ、そのカメラワークにも酔いました。
CGを駆使し曲芸に近いカメラワークを見慣れてしまった目に、
ひたむきに、疾走し続ける映像の連続は、
敢えてスタイリッシュな映像も避けたのでしょう。とても新鮮に映りました。

 見終わった後には、話す元気もなくなるような重い感覚が、
胸の奥に広がりました。そこには、この猟奇的な出来事への憤り、
理解できない人間が抱える闇への恐れ、
そして決して楽しい映画とは言えませんが、力強く、
よく練り上がった良質の映画を見た感動が含まれていることも確かです。

 

 


安心のパック価格でビデオを制作してみませんか。
「低価格で安心のビデオ制作パッケージ」は24万8千円(税込260,400円)から
詳しくはコチラをクリック

「シンプル・コース」 できるだけ低コストでビデオを作りたい
ビデオ制作パック料金 24万8千円(税込260,400円) 詳しくはコチラをクリック

「基本コース」 低価格にこだわりながら本格的なビデオを作りたい
ビデオ制作パック料金 29万8千円(税込312,900円) 詳しくはコチラをクリック

「フルサポート・コース」 台本づくりまで任せて質とコスト共に、より満足したい
ビデオ制作パック料金 39万8千円(税込417,900円) 詳しくはコチラをクリック

ビデオ制作のお問合せ、お申し込みは、どうぞ 鰍「ちばん までご連絡下さい
TEL: 03-3746-3866
E-mail:
info@ichi-ban.co.jp
お待ちしています。

トップ・ページへ

 

他にもコラムにはテーマ別に色々な記事が掲載されています。
【映像・メディア】 【儲けのヒント】 【お楽しみはこれからだ】 【日々更新】