メキシコでカップ麺が人気とな!

06年10月7日
 タコスの本場メキシコで、カップラーメンの人気が
沸騰しているとか。
駅や学校、コンビニなど街の隅々でめんをすする人の姿が見られ、
新聞や雑誌が次々に特集を組むほど。
でも、伝統的な食材の豆やトルティージャの消費量は急降下。
「伝統食を守れ」と警戒する声も・・・。

 メキシコでは店に備え付けの辛いチリソースをたっぷりかけ、
ライムをしぼって食べるのが流儀。
値段は、店頭でお湯を注いで食べると8ペソ(84円)。
街角の安い屋台でお昼に食べるタコス三つ分と、ほぼ同額。
スーパーで買うと1個4ペソ(42円)。

 メキシコでは「マルちゃん」が最も多く、市場の8割を独占。
カップめんの代名詞にもなっているそうです。

 人気が出たきっかけは、80年代に「アメリカに出稼ぎに行った
メキシコ移民がお土産として持ち帰った」というんです。
意外なところから広がるんですね。

 メキシコの昨年の消費量は8年前の10倍、10億食
と言いますから、確かに伝統的な食材の関係者が、
危機感を覚えるのも判ります。

 メキシコ料理に欠かせない豆の1人当たり消費量は
10年間で半減して約9キロ。トウモロコシも3割減。
特に35歳以下の世代が豆を食べなくなっているそうです。

 日本発のモノが広がるのも嬉しいですが、
土地ごとの美味しい食文化だけは壊れて欲しく無いですね。
旅行の楽しみって半分は食べ物ですものね。

他にもコラムにはテーマ別に色々な記事が掲載されています。是非、ご覧下さい。
【映像・メディア】 【儲けのヒント】 【お楽しみはこれからだ】 【日々更新】